ホーム マイアカウント お問い合わせ

秋田の湯沢・雄勝弁あれこれ

1,404円(税104円)

販売価格

1,404円(税104円)

購入数


 だんだん日常語でなくなっていくふるさとの言葉が懐かしくなって、これを記録しておきたくなりました。私は高校を卒業以来湯沢を留守にしており、会社を定年退職して平成十五年に四十三年ぶりに帰郷したときは、我ふるさとの言葉が自由に使えることになって、ほっとしたものでした。
 「記録」の大切さは、歴史を見ても明らかです。エジプトやギリシャやローマなどの古代文明も記録(文字や遺跡)があるから、滅びても記憶から消えていません。二〇〇年前の菅江真澄が、日記や地誌など膨大な記録を残してくれたおかげで、当時の自然や暮らしが現在がつながっているのが分かります。ですから、その地域の自然や暮らしに根差した方言を、時が経ても残すべき文化的遺産ととらえて記録することは、地域の歴史を語り継ぐ上で大切なことだと思います。
                         著者 根本 俊夫