ホーム マイアカウント お問い合わせ

わらべうたの深層

1,620円(税120円)

型番 9784904374184
販売価格

1,620円(税120円)

購入数


●手まり歌には卑猥なものが多いが、歌う女の子にその意味が分かって
いるかどうかは疑問である。卑猥な手まり歌の歌い手は一体、何歳ぐら
いだったのだろうか。
また、彼女たちは、意味が分かって歌っていたのであろうか。(p111)

●カラス鳴く声わしゃ気にかかる お父さん病気で寝てござる
カラスは人の死を予告する不吉な存在である。
人が死ぬと、顔出しといって、とりあえず平服でその日の
うちに駆けつける。すると必ずといっていいくらい
「昨日はカラス鳴きが悪かった」から始まって
「わが家にはタマシが来た」という話に花が咲く・・・・・。



一 民族の記憶 ………………………………………………………………………9
    民族の記憶、息と唾の霊力、誰似か、イボ取りまじない
    べろべろの神、忌み数字、水の霊力、カッパよけ、厠神と箒神

二 いじめの深層 ……………………………………………………………………32
    弱い者いじめ、村の訪問者、けんか歌、女の中に男が一人、乞食いじめ
    年寄りいじめ、仲間いじめ、いじめの深層 、花嫁行列いじめ

三 口遊歌 ……………………………………………………………………………66
    祖母のわらべうた、花折りに、尼と比丘尼、早物語、早口ことば
    越中富山の、子どもの数詞

四 おんな ……………………………………………………………………………90
    おば家習俗、嫁が川をさかのぼる、中をよしとする思想
    器量は姉より妹、三十振り袖四十島田、母の早死に
    初夜権の歌、バレ歌、お月さまいくつ、七つ八つで白粉紅つけて

五 あの山越えて ……………………………………………………………………118
    「あの山越えて」考、カラスの家はどこ、正月どこまで

六 風土性 ……………………………………………………………………………152
    下り物崇拝、不吉なカラスの風土、砂糖信仰、ガンの歌

七 歳事の原点 ………………………………………………………………………169
    ナモミハギ、春分の頃、鳥追い、ひな祭り、ショウブ打ち、七夕祭り
    眠り流し、雨乞い

八 歌の発生 …………………………………………………………………………199
    歌の発生、歴史的大事件の歌、通りゃんせ、ずいずいずっころばし
    かごめかごめ
七里が浜子守歌と沼津の子守歌 ……………………………………………………223

出典について…………………………………………………………………………276